ボールあそびをしました

 1月25日(月)、勘太郎文庫の大瀧雅士様を講師にお迎えして、ボールあそびをしました。
はじめは先生による、絵本「ころころころ」の読み聞かせ。沢山のボールがコロコロとどこまでも転がるおはなしです。イメージをしっかりとふくらませてから、運動スペースいっぱいにボールをころがして遊びました。
 はじめはカラフルでやわらかなボールです。段ボールや雨どいを組み合わせたいろいろな「坂」にボールをそっと置くと、…コロコロコロ…。拾いに走って、しゃがんでは拾い、小さなバケツいっぱいになると、また別の所に行ってコロコロコロ。あっちでもこっちでもコロコロコロ。
 次はオレンジの小さボールを使ってコロコロコロ。筒の中を転がって箱の中にストンとボールが入っていくと、子どもたちはさっそく筒をのぞいたり、穴に手を入れてボールをつかみ出したり。遊び方をそれぞれ工夫して遊びました。
 そして最後は堅い小さな木のボール。転がすと坂の途中の突起に跳ね返り、今度は様々な方向に転がります。新しい遊びにすぐ反応して、夢中で遊ぶ子どもたち。目を輝かせて追いかけました。
 いっぱい遊んで運動した後は、飛び出す絵本「ここだけのはなし」。ページをめくるたびに、ゾウやワニがグーンと飛び出す絵本に大人も子どもも笑顔に。とっても楽しいひとときとなりました。ご指導いただきました大瀧先生、ありがとうございました。

参加していただいた皆様の感想を紹介します。

・とっても楽しかったです。いろいろな大きさのボールや仕掛けがあって楽しく遊んでいました。時間があっという間で、もっと遊びたかったです。
・ボールあそびとても楽しかったです。ボールが回ることがとても不思議でとても興味があったようです。是非またやっていただきたい。
・前半は大勢の子が苦手で、「」もう終わりにする」とちょっとビビリぎみでしたが、後半はケラケラ笑ったりして楽しめたようです。
・いろいろに遊び方を変えて飽きるひまなく遊べてました。転がすことよりも集める方が楽しそうで夢中になっていました。ありがとうございました。また参加したいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です